まつ毛を伸ばしたいなら睡眠不足はだめ?

睡眠不足の女性のイラスト長くてふさふさのまつ毛は目を大きく見せてくれることもあり女性の憧れのものです。しかし、なかなかまつ毛が伸びなかったり毎日のメイクで切れてしまっている人は少なくありません。マツエクなどを行えばパッと見は良くてもグルーなどで自分のまつ毛を痛めてしまうことになってしまいます。まつ毛を伸ばすためには美容液などを使うことも効果的ですが、睡眠も重要なポイントとなってきます。人間の身体は夜間に昼間の紫外線などで受けたダメージを修復していくために新陳代謝が活発になっています。その時間帯はダメージの修復と同時に新陳代謝の活発化によってまつ毛や髪の毛などが成長していく時間帯でもあります。夜間でなくても新陳代謝は行われていますが、どの時間帯よりも活発になるのが午後10時~午前2時までだと言われていて、肌や髪への美容効果も高いことからゴールデンタイムと呼ばれています。このゴールデンタイムに新陳代謝を活発化させて肌を美しくしたりまつ毛を伸ばすために重要な役割を果たしている成長ホルモンが分泌されると言われています。しかし、成長ホルモンはその時間帯ならば必ず分泌されているというわけではありません。睡眠中に分泌されるのです。そのため、成長ホルモンを分泌させてまつ毛を成長させるためには午後10時~午前2時の間に深い眠りについておく必要があるのです。睡眠不足は美容に悪影響を及ぼすことは知られていますが、ただ眠ればいいだけではなく時間帯も重要なポイントになっているのです。ゴールデンタイムにしっかりと眠って成長ホルモンを分泌させるのはまつ毛を伸ばすだけではなく、美肌やダイエットなど多くの美容効果も期待できると言われています。

関連記事