まつ毛を変えればコンプレックスもカバーできる?

まつ毛美人の女性美人だと感じる女性の特徴として、大きくてぱっちりとした目を上げる方も多く、目が顔全体の印象を決めてしまうといっても過言ではありません。その為、女性はアイメイクに特に力を入れ、目力アップを図ります。日本女性の中には、目が小さくて細い、というコンプレックスを抱いている方も多く、色々なアイテムを駆使して、時間をかけてぱっちり美人に変身している女性も少なくありません。中でも、目を縁取るように生えているまつ毛は、目の大きさを左右する重要な役割を担っており、より長く、太く強調すれば、それだけ目は大きく見えるので、マスカラやつけまつ毛などを使ってみたり、アイラッシュサロンでエクステをつけたりしている女性も多く、美容市場は、まつ毛に注目したものが大ブームとなっているようです。そこでお勧めのケアが、美容系のクリニックで行われているまつ毛の育毛治療で、髪の毛と同様に医薬品レベルの育毛剤を使うことによって、もともとの長さよりもはるかに成長させることが出来るので、アイメイクなしでもはっきりとした目元になれます。東洋人は西洋人に比べると、まつ毛も、下向きに生え、短く少ないという特徴があり、それを過度に盛りつけなければならないので、メイクでもとにかく時間がかかります。しかしまつ育を行えば、驚くほどボリュームが増すので、目元の印象がぐっと華やかになります。メイクやエクステではないので、取れてしまった時のギャップに引け目を感じることもなく、天然の自分のまつ毛がふさふさになれるので、目が小さいというコンプレックスも解消されます。まつ毛が濃くなるというだけで、顔全体の印象がぐっと変わり、美人度は格段にアップするでしょう。

まつ毛に負担をかけてしまう行為とは

マスカラとビューラーのイラストまつ毛が長いとそれだけで目元が魅力的に見えたり、まつ毛を長くしたいと思う女性は多いはずです。しかし、普段何気なく行っているメイクも気を付けないと知らない間に負担をかけてしまっているのです。実際にどのような行為か考えてみましょう。まず、ビューラーを毎日使うことです。マスカラを塗る前にビューラーを使うことは当たり前ですね。しかしそのビューラーのゴムを定期的に替えていないと、まつ毛に負担がかかるのです。弱ったゴムでまつ毛を挟むと、思い通りにカールが決まらず何度も力強く挟んでしまいます。それによってまつ毛の根元に負担がかかり、抜け落ちやすくなってしまうのです。ゴムを定期的に替えて、なるべく目元に負担がかからないようにしましょう。また、マスカラをたくさん塗った後のクレンジングも要注意です。ウォータープルーフで落ちにくいからと、ゴシゴシ目元を擦ってはいけません。擦ることにより、マスカラで固まったまつ毛の束が抜け落ちる可能性もあります。しっかりマスカラを塗ったときには、目元専用のクレンジングを使う等してなるべく優しく落とすようにしましょう。そして今や当たり前になったまつ毛エクステも要注意です。ビューラーやマスカラを塗らなくなるから目元への負担が減るのではないかと思いますが、実はグルーと呼ばれる接着剤が目元に大きな負担をかけるのです。今の自分のまつ毛の状態をしっかりと把握してもらった上で、負担のかからないやり方でエクステをするように心がけましょう。つけまつげもエクステと同様です。自己判断で無理に接着しないようにしましょう。全ての行為に共通するのが、擦らない・無理な力を加えないということです。目元は思った以上にデリケートなところです。優しく接してあげることが目元美人へつながる一番の近道でしょう。

■ケアプロストでまつ毛育毛を始めましょう!
ケアプロスト
■ルミガンを使って綺麗なまつ毛になりましょう!
ルミガンの使い方は洗顔後に一塗りするだけ


関連記事